• 投資に値する良いアイディアと、月並みなアイディアをどのように区別しているのだろうか。この課題に対応する方法論が、リーン・スタートアップビジネスモデル・キャンバスであり、どちらも自分たちのアイディアを市場で検証することができる。

     

    チャールズ・A・オライリー 、マイケル・L・タッシュマン『両利きの経営』より

  • イノベーター人材を育成し、企業文化を変革することで

    「両利きの経営」を実現します

    broken image
  • イノベーション研修でこんなことに悩んでいませんか?

    イノベーションの実践の難しさ

    研修では理論は学べるものの、実際の業務でその知識を活用するのが難しい

    イノベーションに対するマネジメントの無理解

    せっかく新規事業のアイデアが生まれたのに、それを支援するマネジメントの理解が得られない

    イノベーションを阻む企業文化の障壁

    失敗を忌避する企業文化が障壁となって、誰もチャレンジしようとしない

    ブルームコンセプトがこうした悩みを解決します

  • broken image

    イノベーションプログラムで多くの実績があります

    大企業で新規事業立ち上げに従事。『ビジネスモデル・ジェネレーション』の翻訳、ビジネスモデル・キャンバスの第一人者。名古屋商科大学ビジネススクール准教授。また、アート思考の実践者として多くの社会起業に関わりながら京都芸術大学の非常勤講師も務める。実践者・小山龍介だからこそ提供できる超実践的プログラムです。

    broken image

    コンセプトひとつで世界を大きく変える

    既成概念にとらわれない発想をもたらすアート思考、顧客のニーズを発見、価値を設計するデザイン思考、さらに、着想をビジネスに落とし込むビジネスモデル思考という3つの思考法を組み合わせたイノベーション支援を行っています。

    broken image

    実際のプロジェクトを通じて人を育てる

    イノベーションを持続可能なものにするために、プロジェクトベースラーニングを導入、組織の中のイノベーション人材を育成し、イノベーション文化を醸成します

  • 資料ダウンロード 

    研修提案資料をダウンロードいただけます
  • プログラム一覧

    多様なプログラムでイノベーション人材の育成を支援しています

    オンラインでの実施も対応しています

    ビジネスモデル・キャンバス

    ビジネスモデル・キャンバスを活用し、社員がビジネスモデルを理解し、ビジネスモデルレベルでのイノベーションを起こせるようになる研修プログラムです。

    ビジネスモデル・イノベーション

    最新のビジネスモデルの動向であるデジタル・トランスフォーメーションやエコシステムなどのトピックに基づき、自社のビジネスモデルにイノベーションをおこします。

    デザイン思考

    観察、アイデア創出、プロトタイプ制作からテスト、フィードバックまで、デザイン思考のプロセスを体験するプログラムです。

    新規事業アイデア創出

    インプロビゼーション、ワールドカフェなどの手法を使いながら、既成概念にとらわれない新しい事業や商品のアイデアを創出するプログラムです。

    クリエイティブ思考

    アート思考・デザイン思考により、社員の創造性を開放し、既成概念を覆すアイデアを発想するための手法を学ぶ研修プログラムです。

    アート思考

    論理の積み上げではなく、偶然性や即興性により、創発的にアイデアを生み出す方法を学ぶプログラムです。

    ビジネスインプロ

    応用インプロのひとつであるビジネスインプロのプログラムです。参加者の創造性を最大限発揮させるためのYes, Andのスタンスなどを、体験的に学びます。

    ワールド・カフェ

    多くの参加者が対話を通じて未来をビジュアライズしていきます。未来の事業の姿を共創するプログラムです。

    質問会議®

    アクションラーニングの手法のひとつである質問会議による、共創プロセスを使った問題解決プログラムです。

    シナリオ・プランニング

    想定外の未来に備え、また未知の未来を出現させるプログラム。未来からのバックキャストにより、新規事業や商品開発のアイデアを創出します。

    ストーリーマッピング

    ストーリーに基づきサービスデザインを考えるプログラム。カスタマージャーニーマップを作成し、そこから今までにない新しい顧客体験をマッピングによりデザインしていきます。

    ブルーオーシャン戦略

    ブルーオーシャン戦略のアクションマトリクスを使って、競争のない新しい市場を生み出します。

  • お客様の声

    broken image

    コニカミノルタ株式会社 

    ビジネスモデル・キャンバスを使うことで、ビジネス全体について順を追って網羅的に考えることができました。みんなが同じルールを理解したことで、視点がぶれずスムーズに議論が進みました。

    broken image

    サッポロビール株式会社

    まずプロセスに驚きました。商品開発は、まず調査を行ってその知見をもとに作り上げていくというパターンが多いと思うのですが、このプロジェクトではまず夢を描くところから始まり、ある程度形を描いてから、調査をするというところが新鮮でした。

    broken image

    株式会社沖縄TLO

    「ビジネスモデル・キャンバス」が共通言語として使われるようになってきました。一緒に思考するツールを共有できたことで様々な問い合わせや相談などに対する回答や助言が、キャンバスを使うことによって、伝わりやすくなっています。

  • 取材記事

    さまざまなメディアで取り上げられている記事をご紹介します

    broken image

    ソーシャルワークとは、お金と交換できない価値を生み、社会に循環させる仕事

    SOCIAL WORKERS LAB

    SOCIAL WORKERS LABのキックオフイベントとして開催したSOCIAL WORKERS TALKの3時間は、ソーシャルワークとは?ソーシャルワーカーとは?を問いあい、ソーシャルワーク/ソーシャルワーカーのあり方や役割を開き、広げていく時間になりました。

    https://note.com/swlab/n/n74aa984577cd

    broken image

    人生100年時代を生き抜くための「自分OSアップデート」~ロジカルシンキングが通用しない時代に、ビジネスパーソンがすべきこと~

    ビズPRO-Q 2019/01/22

    コンセプトクリエイター、大学准教授、学生、アーティストといった多様な顔を持ち多忙な日々をおくる小山氏に、今の時代を生き抜くコツを伺った。

    https://biz.pro-q.jp/articles/110​

    broken image

    ベストセラー『ビジネスモデル・ジェネレーション』翻訳者・小山龍介さんに、原著者新作のポイントを聞く

    翔泳社 2015/04/26

    8万部を超えた前作から3年、全世界が注目する『バリュー・プロポジション・デザイン』の邦訳が発売されました。本書では顧客自身も気づいていないニーズを満たす商品を作り出すための方法論を解説。そこで、前作の翻訳者にして「ビジネスモデル」に関するセミナー、事業開発を手がける小山龍介さんに、本書についてお話をうかがいました。

     

    https://www.shoeisha.co.jp/book/article/detail/3

    broken image

    オフィスの生産性上げる 「仕事ハック」思考 「最強のライフハック100」 小山龍介氏

    NIKKEI STYLE 出世ナビ 2019/1/16

    「最強のライフハック100」(SBクリエイティブ)を書いた小山龍介氏は「短絡的な割り算は本来のパフォーマンス向上を妨げかねない」と指摘する。小山氏に、オフィスの生産性についての考え方や知恵を聞いた。

     

    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39874770Q9A110C1000000

    broken image

    MBAの深化と日本的思想の役割

    英治出版

    ビジネススクールは入口でしかありません。ビジネススクールで受けた刺激をどう活かすか、そこからが勝負でしょう。

     

    http://www.eijipress.co.jp/sp/pmba/interview004.html​

    broken image

    ライフハックのオーソリティ小山龍介がaiboを即買いした理由って?

    d.365 2018.4

    効率良く仕事をこなし、生産性を上げ人生の質を高めるライフハックのオーソリティである小山龍介氏が、aiboを購入した。合理性とは矛盾するようにも思える存在を迎えた理由と、aiboの可能性について語ってもらった。

     

    https://www.digimonostation.jp/0000134287/​

    broken image

    ストレスフリーの 「ミニマルオフィス」 仕事術

    MSNニュース 2018/10/21

    複数のプロジェクトに携わりながら、新しい商品やサービスを生み出し続けている小山氏に、そのミニマルな仕事環境を見せていただいた。

     

    https://www.msn.com/ja-jp/news/money/ストレスフリーの-「ミニマルオフィス」-仕事術-小山龍介(ブルームコンセプト代表取締役)/ar-BBOFlG0

  • 資料ダウンロード

    研修提案資料をダウンロードいただけます
  • Vision

    Across the Universe
    地球規模の事業を展開する


    Visualize the Future
    未来を映像化する

    Mission

    Concept-Driven Innovation

    コンセプトで世界を変える

    Company Information

    株式会社ブルームコンセプト

    (適格事業者登録番号:T7010401086457)

     

    設立年月日

    2010年2月19日

     

    資本金2,500,000円

     

    所在地

    152-0035 東京都目黒区自由が丘3丁目6番10号

     

    役員

    代表取締役 小山龍介

    社外取締役 山田真哉

     

    主要取引銀行
    三菱UFJ銀行 青山支店

    みずほ銀行 都立大学駅前支店

    Projects

    2010 年 創業

    2010 年 サッポロビール ワイン開発プロジェクト

    2011 年  東日本大震災 石巻支援活動

    2012 年 『ビジネスモデル・ジェネレーション』翻訳出版

    2013 年 沖縄 TLO 沖縄県産業振興プロジェクト

    2013 年 コニカミノルタ 新事業開発プロジェクト

    2014 年  一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 設立

    2014 年 大手電機メーカー新規事業提案制度 支援

    2016 年  文化庁「日本遺産」事業 支援

    2016 年 ニライカナイ自由が丘 開店

    2016 年 一般社団法人日本能楽謡隊協会 設立

    2019 年 食品メーカー 商品開発プロジェクト

    2019 年  大分県文化財保存活用大綱策定委員会 委員

    2020 年 一般社団法人きりぶえ 設立(京都府亀岡市)

    2020 年  環境省 大熊双葉プロジェクト 支援

    2020 年 大分県文化財保護審議会 委員

    2021 年 丹波篠山市日本遺産・創造都市推進委員会 委員長

    2022 年 大熊町大野駅前再開発 審査委員

    2023 年  UR 洋光台再開発 審査委員

    2023 年 化学メーカー新規事業開発プロジェクト

    2023 年 丹波篠山国際博 アドバイザー

  • 代表プロフィール

    小山龍介

     

    株式会社ブルームコンセプト 代表取締役
    名古屋商科大学ビジネススクール 准教授

    京都芸術大学 非常勤講師
    ビジネスモデル学会 プリンシパル

    一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 代表理事

    一般社団法人きりぶえ 理事

    一般社団法人日本能楽謡隊協会 理事

    一般社団法人Japan Innovation Network フェロー

    大分県文化財保護審議委員

    丹波篠山市日本遺産・創造都市推進委員会委員 

     

    1975年福岡県生まれ。AB型。1998年、京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後、松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに広告メディア事業、また兼務した松竹芸能株式会社事業開発室長として動画事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。
     
    コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わり、さまざまな商品、事業を世に送り出す。メンバーの自発性を引き出しながら商品・事業を生み出す、確度の高いイノベーションプロセスに定評がある。また、ビジネス、哲学、芸術など人間の幅を感じさせる、エネルギーあふれる講演会、自分自身の知性を呼び覚ます開発型体験セミナーは好評を博す。そのテーマは創造的思考法(小山式)、時間管理術、勉強術、整理術と多岐に渡り、大手企業の企業内研修としても継続的に取り入れられている。翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』に基づくビジネスモデル構築ワークショップを実施、ビジネスモデル・キャンバスは多くの企業で新商品、新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。
     
    2013年より名古屋商科大学ビジネススクール客員教授、2015年より准教授として「ビジネスモデルイノベーション」を教える。さらに2014年には一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会を立ち上げ、4年間代表理事を務め、地域おこしにおけるビジネスモデル思考の普及活動に取り組む。2014年〜2016年沖縄県健康食品産業元気復活支援事業評価会員。2016年より3年間、文化庁嘱託日本遺産プロデューサーとして日本遺産認定地域へのアドバイス業務。2019年〜2021年大分県文化財保存活用大綱策定委員。2020年〜大分県文化財保護審議会委員。2020年〜亀岡市で芸術を使った地域活性化に取り組む一般社団法人きりぶえの立ち上げに携わる。

     

    2018年京都芸術大学大学院 芸術環境研究領域 芸術教育専攻 修了・MFA(芸術学修士)取得。2021年京都芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻 博士課程 単位取得満期退学。2021年京都芸術大学 非常勤講師。
     
    著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などのハックシリーズ。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』など。著書20冊、累計50万部を超える。最新刊『在宅ハック』。
     
    2013年より宝生流シテ方能楽師の佐野登に師事、能を通じて日本文化の真髄に触れる。2015年11月『土蜘』、2021年11月『高砂』を演能。2011年には音楽活動を開始、J-POPを中心にバンドSTARS IN BLOOMで年2回のライブを行う。ギターとボーカルを担当。2018年からフォトグラファーとしても活動を開始。2018、2019年12月グループ展覧会『和中庵を読む』に作品を出展。

    400字

    京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、米国MBAを取得。松竹株式会社にて歌舞伎をテーマにした新規事業立ち上げに従事。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。メンバーの自発性を引き出す、確度の高いイノベーションプロセスに定評がある。翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』で紹介したビジネスモデル・キャンバスは、多くの企業で新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。

     

    2015年より名古屋商科大学ビジネススクール准教授。2014年には一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会、2020年には芸術を使った地域活性化に取り組む一般社団法人きりぶえの立ち上げに携わるなど、アートとビジネスの境界領域での実践を進めている。

     

    著書に『IDEA HACKS!』『TIME HACKS!』などのハックシリーズ。訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』など。著書20冊、累計50万部を超える。

  • 協力パートナー

    broken image

    Arata Takemoto Design

    明晰なコンセプトに基づいたスマートなデザインを、グラフィックから空間まで展開し、新しい体験を作り出すデザイナー・竹本新。

    broken image

    株式会社シナスタジア

    デジタル領域でのコンテンツ事業開発を手がけるシナスタジア。オウンドメディア開発などの領域で協業。

    broken image

    一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会

    ビジネスモデルコンサルタントを育成・認定する社団法人。ビジネスモデル思考の普及啓発で協業。

  • お問い合わせ

    フォームにご連絡先、ご相談内容をご入力の上、送信ボタンを押してください。担当者よりご返信・ご連絡いたします。