• Inspiring the world

    コンセプトで世界を変える

  • Concept-driven Innovation

    アートとビジネスの両利きの経営を支援します

    ビジネスモデル・キャンバス

    ビジネスモデル仮説を記述する標準ツール

    小山龍介が翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』で紹介されたビジネスモデル・キャンバスは、ビジネスモデルを記述するデファクトスタンダードとして普及しています。

     

    オーセンティックな使い方、最先端の活用方法などのノウハウを伝えています。

    アートとビジネスの両利き経営を支援

    ビジネスだけでなくアート分野でも活躍する小山龍介が経営を支援

    代表の小山は、事業会社での新規事業立ち上げを経験後、数多くの企業で新規事業支援を行ってきました。また、ビジネススクールで教鞭をとるかたわら、フォトグラファーとしても活動、アートとビジネスの両利き経営を強力に支援します。

  • 公開セミナー

    7月26日 ビジネスモデル学会 第19回イブニングセッション「ビジネスモデル・ビジュアライゼーション」

    ビジネスモデルの議論はえてして、空中戦になりやすい。
    それは、経営上のさまざまな要素が複雑に絡み合っているからである。

    たとえばユニクロのビジネスモデルひとつとっても、高度な製造工程、新素材開発による商品開発、デザイナーやブランドとのコラボ、店舗運営、マーケティングなど、さまざまな要素が絡み合っており、ビジネスモデルを議論するのにどれひとつ欠かせない。こうした複雑な構造体を議論するための共通言語として、「 ビジネスモデル・キャンバス 」が開発され、多くの企業で採用されている。今回の登壇者である小山龍介は、ビジネスモデル・キャンバスを紹介した『 ビジネスモデル・ジェネレーション 』の翻訳者として、ビジネスモデル・キャンバスの普及啓発に取り組んでいる。

    こうした流れと同時に、ビジネスモデルを図解して示す動きも出てきた。板橋悟によるピクト図解を使ったビジネスモデル図解や、今回登壇いただく近藤哲朗によるビジネスモデル図解シリーズなどがそうである。ビジネスモデル・キャンバスが構造の可視化であるのに対し、こうした図解は取引関係やカネ・モノ・情報の流れなどの、プレイヤー間の広義のコミュニケーション関係を図示したものといえよう。ビジネスモデル・キャンバスとこうした図解は互いに補完関係にあり、いずれもビジネスモデルに関する議論を円滑にする役割を果たすものと言える。

    ビジネスモデル学会では今回、こうしたビジネスモデルの可視化についての知見を「 ビジネスモデル・ビジュアライゼーション 」として紹介する。当日は、可視化による議論のファシリテーション、新しいビジネスモデル仮説創出のトリガーとしてのビジュアル活用、デザイン思考やリーンスタートアップの文脈における役割などを議論することになろう。

    ■ 登壇者
    近藤 哲朗 株式会社そろそろ 代表取締役
    小山 龍介 株式会社ブルームコンセプト 代表取締役

    開催後に近隣のレストランにて懇親会を行います。
    会員 ( セッション+懇親会 ) 6,000 円 / 一般 ( セッション+懇親会 ) 7,000円

     

    https://es201907.peatix.com/view

    8月26日『研修導入検討のための体験セミナー:ビジネスモデル研修』

    ・ビジネスモデルの変革が必要だけれども、社員にそうした知識やノウハウがない。
    ・新規管理職に事業全体を把握する視座をもってもらいたいが、なかなかビジネスモデル全体を理解してもらえない。
    ・新規事業の立ち上げを行っているが、知識、ノウハウがなく、場当たり的な取り組みになっている。

    こうした悩みを抱えていませんか?

    どうしていいかわからなければ、笛ふけども踊らず、実行に移せません。
    既存スタッフを強力な実行部隊に変えるためのノウハウをお伝えします。

    この講座では、
    ・ビジネスモデル研修にどのような効果があるのか
    ・新規事業提案制度に組み込むポイントはどこにあるのか
    ・経営者視点を獲得させるための管理職研修はどうあるべきなのか
    など、人事や事業部の研修担当者の方のヒントになる情報もお伝えします。

    本セミナーは、この研修の一部を実際に体験していただくことで、御社に導入いただけるかどうかの検討の一助にしていただければと企画しました。

    講師は、『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社)翻訳を手がけた小山龍介が務めます。数々の企業で導入実績のある「ビジネスモデル研修」の一部を実際に体験していただけます。

    ぜひこの機会を活用してご検討ください。

    ◉セミナー概要
    『研修導入検討のための体験セミナー:ビジネスモデル研修』
    【日時】2019年8月26日 19:00〜21:00(18:45〜入場いただけます)
    【会場】渋谷T’sフラッグ Room8F
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町33-6 Shibuya Flag 8F

     

    https://bc-bmseminar001.peatix.com/view

  • Training Workshop Programs

    研修ワークショッププログラム

    ビジネスモデル・デザイン

    ビジネスモデル・キャンバスを活用し、社員がビジネスモデルを理解し、ビジネスモデルレベルでのイノベーションを起こせるようになる研修プログラムです。

    ビジネスモデル・イノベーション

    最新のビジネスモデルの動向であるデジタル・トランスフォーメーションやエコシステムなどのトピックに基づき、自社のビジネスモデルにイノベーションをおこします。

    クリエイティブ思考

    アート思考・デザイン思考により、社員の創造性を開放し、既成概念を覆すアイデアを発想するための手法を学ぶ研修プログラムです。

    新規事業・新商品アイデア創出

    インプロビゼーション、ワールドカフェなどの手法を使いながら、既成概念にとらわれない新しい事業や商品のアイデアを創出するプログラムです。

    アート思考

    論理の積み上げではなく、偶然性や即興性により、創発的にアイデアを生み出す方法を学ぶプログラムです。

    デザイン思考

    観察、アイデア創出、プロトタイプ制作からテスト、フィードバックまで、デザイン思考のプロセスを体験するプログラムです。

    ビジネスインプロ

    応用インプロのひとつであるビジネスインプロのプログラムです。参加者の創造性を最大限発揮させるためのYes, Andのスタンスなどを、体験的に学びます。

    ワールド・カフェ

    多くの参加者が対話を通じて未来をビジュアライズしていきます。未来の事業の姿を共創するプログラムです。

    質問会議

    アクションラーニングの手法のひとつである質問会議による、共創プロセスを使った問題解決プログラムです。

    シナリオプランニング

    想定外の未来に備え、また未知の未来を出現させるプログラム。未来からのバックキャストにより、新規事業や商品開発のアイデアを創出します。

    ストーリーマッピング

    ストーリーに基づきサービスデザインを考えるプログラム。カスタマージャーニーマップを作成し、そこから今までにない新しい顧客体験をマッピングによりデザインしていきます。

    ブルーオーシャン戦略

    ブルーオーシャン戦略のアクションマトリクスを使って、競争のない新しい市場を生み出します。

  • ビジネスモデルにおける「循環とダイナミズム」

    ビジネスモデルイノベーション協会(BMIA)が主催する「ビジネスモデルオリンピア2018」。BMIA代表理事でもある小山がこれからのビジネスモデルキャンバスとの向き合い方について「循環とダイナミズム」というテーマを切り口に語った。

  • ビジネスモデル構造を描くビジネスモデル・キャンバス

    これまで、ビジネスモデルキャンバスを用いて、哲学者レヴィ=ストロースが言うところの「個別の要素ではなく、要素間の構造こそが重要」といういわゆる構造主義的な観点でビジネスを捉えてきた。価値がそのまま存在するという実存主義的な立場を超え、顧客に認められて初めて価値になる。また、価値がどのように形成されていくかという視点を重視してきたが、小山は、構造主義の考えをさらに超越した視点で捉えるビジネスモデル・キャンバスの可能性を感じている。

     

    小山は「野生の思考」に注目する。野生、すなわちプリコラージュの思考は「今ここにあるものを使う」ことで新しい価値を創造するというものだ。先のストロースの言葉に「目の前のものに対して別の関係性を見つけ出し、再構成して異なる意味を与える」というものがある。いま価値を持っていなくても、別の関係性の中では新しい価値を創造しうる可能性があるということだ。そして、別の関係性を見つけて再構成するには世の中の変化に合わせて視点を変化させること重要だと小山は語る。

    「想定外」によって自己組織化のトリガーが引かれる

    さらに、世間一般に想定外と思われているものが既存の仕組みを変え、関係性を変えていけるヒントになると主張する。これまでは、ビジネスモデルキャンバスに沿って多くのアイデアを整理してきたが、むしろこの枠組みからはみ出るような、意味をつけられないようなものにこそポテンシャルが秘められていると指摘する。それを見い出し、新しい構造の中で価値を生んでいくことこそが、これから必要だと語った。

     

    では、体系の中に組み込まれないものに価値をつけるための循環はどのように生まれるのだろうか。まずビジネスの要素を還元して分析し、次にストーリーとして構造化し、その後、自己差異化してい日々更新していくというのがこれまでの考え方だった。しかし、ここには限界がある。更新されるのはあくまで既存の枠組みの中においてのみであり、そこに新しい価値やイレギュラーは生まれないのだ。そこで、体系に組み込まれていないものが新しい構造を作る時に存在する「アトラクター=見えざる手」について言及する。

    因果から縁起へ

    大きな物語の支流にある要素が新しい構造を作る時、因果律にとらわれてはいけないという。何が原因でどのような結果を生むかーこうした考え方はビジネスの基本ではあるが、実際のところ因果は一つのベクトルでのみ構成されているのではなく、さまざまな縁つまり要素が関係して結果となっていると小山は語る。そして、その縁こそが既存の構造に変化をもたらし、再構造化する重要なエッセンスとなる。つまり、この想定外の要素をフレキシブルに活用することが求められているのだ。

     

    しかし、新しい構造を生み、新しい循環を生んだところで、それが必ずしも良い循環とならないケースのことも考えるべきだろう。仮に悪循環に陥ってしまった場合、脱出できるキーとなるのが「ハウ」という存在だ。ハウとは精霊のような存在で、自己でも他者でもない第三の存在だ。このハウが関係性の中に存在することで、自分のためでも相手のためでもない「第三者のためのアクション」が促され、結果的に双方にとっても益がでるような循環が生まれる。仮に競合AとBが存在するとして、自己のためのみに行動する場合はいわゆる「囚人のジレンマ」状態に陥り、双方に益がない悪循環を生んでしまう。だがここに第三の存在が介入することで、ライバル関係を超越して新しい価値を創造し、結果的に双方に益となる結果をもたらすことができるという。

    構造をメタな視点でデザインする

    「ハウ」という存在をデザインすることが、良い循環を生むためのヒントとなるだろうと小山は語る。これからビジネスモデルキャンバスを考える際は、顧客や因果だけに注目するのでは、キャンバス全体を超越的に俯瞰するこの存在を意識していくべきだ。「見えざる誰か」を想定し、より広い目で構造化をくり返すなかでイレギュラーな要素が育ち、新しい価値が生まれてくるだろう。

     

    記事:木田名奈子

  • 講演記事ダウンロード

    上記の講演全文記事(PDF)を無料でダウンロードいただけます。

  • Seminars

    実施したセミナー・研修

    2019年

    1月10日 日本遺産アカデミー動画出演「地域に埋もれた生活文化を発掘する」ゲスト:保阪太一氏(文化庁)

    1月12日 金融機関 社内事業提案制度審査員

    1月17日 地域おこし協力隊ワークショップ(価値総合研究所)

    1月19日 BMIA認定ビジネスモデルコンサルタント応用講座(2)(BMIA)

    1月25日 地域おこし協力隊ワークショップ(価値総合研究所)

    1月29日 ビジネスモデルワークショップ(R&D支援センター)

    2月9日 日本遺産講演会「日本遺産でまちづくり!」(大分県)

    2月12日 ビジネスモデルワークショップ(ティア1製造業)

    2月13日 日本遺産研修会(文化庁)

    2月14日 プレジデントアカデミー(ビジネスバンクグループ)

    2月24日 日本遺産「福山・鞆の浦」認定記念シンポジウム(福山市)

    3月14日 ビジネスモデル・イノベーション研究フォーラム(企業研究会)

    3月23日 BEPPU ローカルベンチャースクール(別府市)

    3月27日 能と創造的思考(総合電機メーカー)

    4月8日 ビジネスアイデア創出セミナー(大手食品会社)

    4月12日 新規事業提案プロジェクト・中間発表(金融機関)

    4月13日 BMIA認定ビジネスモデルコンサルタント応用講座(3)2日間(BMIA)

    4月16日 ビジネスモデルデザイン研修(製薬会社)

    4月24日 新規事業・ビジネスモデル合宿3日間(セラミックス製造)

    5月8日 新規事業・ビジネスモデル合宿3日間(セラミックス製造)

    5月11・12・18・19日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院名古屋校)

    5月21日 クリエイティブ思考ワークショップ(総合商社)

    5月23日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    5月30日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    6月1・8日 ものづくりMBA(名古屋商科大学)

    6月6日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    6月11日 クリエイティブ・シンキング(大手印刷会社)

    6月13日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    6月26日 クリエイティブ・シンキング(大手印刷会社)

    7月2日 ビジネスモデルデザイン(重工業メーカー)

    7月3日 新規事業ビジネスモデル構築(食品メーカー)

    7月6日 合宿型ワークショップ(ゼネコン)

    7月8日 新規事業アイデア創出(流通)

    7月9日 新商品ワークショップ(大手食品メーカー)

    7月10日 ビジネスモデルデザイン(大手印刷会社)

    7月11日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    7月12日 ビジネスモデルデザイン(重工業メーカー)

    7月18日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    7月19日 ビジネスコンペ最終発表審査(金融機関)

    7月23日 ビジネスモデルワークショップ(流通)

    7月25日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    7月30日 ビジネスモデルワークショップ(化学メーカー)

    8月1日 ビジネスモデルデザイン(電子機器メーカー)

    8月21日 ビジネスモデルデザイン(会計事務所)

    8月27日 ビジネスモデルデザイン(大手印刷会社)

    8月28日 クリエイティブ思考(総合商社)

    9月5日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    9月12日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    9月18日 キャリア形成特別講座2日間(山形大学工学部)

    10月3日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    10月5・6・12・13日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学)

    10月10日 バリュー・プロポジション・デザイン(大手印刷会社)

    10月26・27日11月2・3日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院東京校)

    11月7日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    11月19日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    12月5日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    12月7・8日 ビジネスモデル・イノベーション(名古屋商科大学大学院大阪校)

    12月10日 産業理解特別講座(山形大学工学部)

    12月14・15日 ビジネスモデル・イノベーション(名古屋商科大学大学院名古屋校)

    2018年

    1月14日 新規事業ワークショップ2日目(B2B製造業)

    1月15日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    1月16日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    1月17日 日本遺産「政宗が育んだ伊達な文化」を活用した地域活性化戦略研修会(宮城県教育庁文化財保護課)

    1月26日 新入社員向けビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    1月27日 MOT研修(大阪ガスビジネスクリエイト)

    1月31日 新入社員向けビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    2月5日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    2月6日 温泉地ブランディング研修会(和歌山県)

    2月8日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    2月10日 次世代エグゼクティブ・フロンティアセミナー(名古屋商科大学大学院)

    2月12日 ビジネスモデルオリンピア(BMIA)

    2月16日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    2月17日 デザイン思考と経営戦略(名古屋商科大学大学院)

    2月22日 福島ミライの起業家合宿(BFF)

    2月25日 ビジネスモデルワークショップ(研修会社)

    2月27日 日本遺産で銚子を変える〜文化財を使った地域活性化のポイント〜(銚子市)

    3月1日 新規事業ワークショップ3日目(B2B製造業)

    3月4日 JAPAN BRAND FESTIVAL 2018(篠山市)

    3月15日 ビジネスモデルワークショップ(企業研究会)

    3月17日 BMIA認定ビジネスモデルコンサルタント応用講座(1)(BMIA)

    3月19日 インバウンドで再発見する地域の魅力と日本遺産による地域活性化(篠山市)

    3月20日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    4月21日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院名古屋校)

    5月12日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学)

    5月23日 ビジネスモデル研修(重工業メーカー)

    5月30日 ビジネスモデル研修(重工業メーカー)

    6月6日 ビジネスモデル研修(重工業メーカー)

    6月7日 未来起点の事業構想ワークショップ(家電メーカー)

    6月8日 IIBA日本支部シンポジウム ~ 持続的に進化する企業へのトランスフォーメーション ~(IIBA)

    6月12日 クリエイティブ思考ワークショップ(総合商社)

    6月20日 ビジネスモデル・イノベーション研修(ティア1製造業)

    6月22日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    6月22日 クリエイティブ思考ワークショップ(総合商社)

    6月27日 日本遺産アカデミー動画出演「日本遺産地域における旅行商品化のポイント」ゲスト:成瀬 純一氏(文化庁)

    6月27日 日本遺産アカデミー動画出演「日本遺産の魅力を引き出す情報編集術」ゲスト:清水賢二氏(文化庁)

    6月30日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院東京校)

    7月3日 ビジネスモデル研修(重工業メーカー)

    7月4日 新規事業・ビジネスモデル合宿3日間(セラミックス製造)

    7月7日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院大阪校)

    7月10日 日本遺産アカデミー動画出演「日本遺産をインバウンドに活かすヒント」ゲスト:青木優氏(文化庁)

    7月11日 2社共同合宿1-3日(商社・エネルギー会社)

    7月20日 第一回日本遺産塾・地域コンセプトづくり(文化庁)

    7月21日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院名古屋校)

    7月23日 新規事業提案プロジェクト合宿2日間(金融機関)

    7月25日 新規事業・ビジネスモデル合宿3日間(セラミックス製造)

    8月3日 ビジネスモデル研修(地方公営事業社)

    8月6日 新規事業・ビジネスモデル合宿2日間(重工業メーカー)

    8月9日 キャリア形成特別講座(山形大学工学部)

    8月21日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    8月23日 クリエイティブ思考ワークショップ(総合商社)

    8月25日 BMIA認定ビジネスモデルコンサルタント応用講座(1)(BMIA)

    8月28日 ビジネスモデルワークショップ(重工業メーカー)

    8月31日 第二回日本遺産塾・地域ブランディングの推進(文化庁)

    9月4日 2社共同合宿4-5日目(商社・エネルギー会社)

    9月4日 日本遺産アカデミー動画出演「地元住民を主人公にした地域活性化術」ゲスト:谷内博史氏・森大樹氏(文化庁)

    9月5日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    9月6日 ライフハックセミナー(製薬会社)

    9月11日 日本遺産アカデミー動画出演「地元創生のための日本遺産」ゲスト:村岡浩司氏(文化庁)

    9月13日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    9月25日 MOT短期集中講習・大阪(大阪ガスビジネスクリエイト)

    9月27日 新規事業評価・フィードバック(重工業メーカー)

    9月28日 第三回日本遺産塾・観光事業プランニング(文化庁)

    10月2日 産業理解特別講座(山形大学工学部)

    10月5日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    10月9日 オウンドメディアビジネスモデルセミナー(新聞社)

    10月9日 日本遺産アカデミー動画出演「日本遺産におけるクラウドファンディング活用」ゲスト:坊垣佳奈氏(文化庁)

    10月11日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    10月11日 Input & Output HACKS! ―代理店営業に求められる次世代の情報術―(大手広告代理店)

    10月12日 クリエイティブ・シンキング(大手印刷会社)

    10月13日 ビジネスモデルデザイン(名古屋商科大学大学院東京校)

    10月16日 MOT短期集中講習・名古屋(大阪ガスビジネスクリエイト)

    10月17日 2社共同合宿6-7日目(商社・エネルギー会社)

    10月18日 日本遺産アカデミー動画出演「日本遺産の魅力を伝える映像表現」ゲスト:永川優樹氏(文化庁)

    10月19日 新規事業提案プロジェクト・中間発表(金融機関)

    10月24日 クリエイティブ・シンキング(大手印刷会社)

    10月25日 オウンドメディアセミナー(大手食品会社)

    10月26日 第四回日本遺産塾・地域のビジネスモデル(文化庁)

    10月30日 日本遺産を生かした特産品開発及びブランド化(倉敷市)

    11月1日 ビジネスモデルデザイン(大手印刷会社)

    11月3日 クリエイティブ・シンキング(名古屋商科大学大学院東京校)

    11月8日 3社共同プロジェクト第3日目(セラミックス製造・エネルギー会社・電気機器メーカー)

    11月13日 オウンドメディアワークショップ(大手食品会社)

    11月15日 ビジネスモデルワークショップ(家電メーカー)

    11月15日 地域おこし協力隊ワークショップ(価値総合研究所)

    11月16日 ビジネスモデルワークショップ(研究開発型メーカー)

    11月20日 日本遺産カフェ・日本遺産株式会社(文化庁)

    11月21日 ビジネスモデルデザイン(大手印刷会社)

    11月22日 ビジネスモデル実践ワークショップ(研究開発型メーカー)

    11月23日 Japan Business Model Competition東海北陸ラウンド(名古屋商科大学)

    11月28日 クリエイティブ思考ワークショップ(総合商社)

    11月29日 地域おこし協力隊ワークショップ(価値総合研究所)

    11月30日 第五回日本遺産塾・事業発表(文化庁)

    12月6日 ビジネスモデルワークショップ(企業研究会)

    12月7日 ビジネスモデル実践ワークショップ(研究開発型メーカー)

    12月11日 ビジネスモデルワークショップ(総合電機メーカー)

    12月12日 ビジネスモデルワークショップ(総合電機メーカー)

    12月13日 ビジネスモデルワークショップ(総合電機メーカー)

    12月14日 ビジネスモデルワークショップ(総合電機メーカー)

    12月19日 創造力UP合宿研修(交通事業者)

    12月20日 バリュー・プロポジション・デザイン(大手印刷会社)

    12月21日 ビジネスモデルデザイン(総合商社)

  • お問い合わせ

    講演、研修、コンサルティング、取材、採用への応募などのお問い合せはこちらからお願い致します。

All Posts
×
×
個人情報保護方針

当社は、当社が取得した個人情報の取扱いに関し、個人情報の保護に関する法律、個人情報保護に関するガイドライン等の指針、その他個人情報保護に関する関係法令を遵守します。

・個人情報の安全管理
当社は、個人情報の保護に関して、組織的、物理的、人的、技術的に適切な対策を実施し、当社の取り扱う個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとします。

・個人情報の取得等の遵守事項
当社による個人情報の取得、利用にあたっては、その利用目的を特定することとし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)はいたしません。また、目的外利用を行わないために、適切な管理措置を講じます。

・個人情報の利用目的
当社は、当社が取得した個人情報について、法令に定める場合又は本人の同意を得た場合を除き、以下に定める利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。

利用目的
当社主催または共催するセミナー、講演会、イベント等のご案内、情報提供

・個人情報の提供等
当社は、法令で定める場合を除き、本人の同意に基づき取得した個人情報を、本人の事前の同意なく第三者に提供することはありません。なお、本人の求めによる個人情報の開示、訂正、追加若しくは削除又は利用目的の通知については、法令に従いこれを行うとともに、ご意見、ご相談に関して適切に対応します。

当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合、その適格性を十分に審査し、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行うこととします。


個人情報の取扱いに関する担当窓口及び責任者を以下の通り設けます。

株式会社ブルームコンセプト
苦情・相談窓口 soumu@bloomconcept.jp