サイトへ戻る

令和3年度 創造農村ワークショップ in 丹波篠山市のパネルディスカッションのファシリテーターを務めました

· 地域活性化

2022年3月11日(金)に行われました「創造農村ワークショップin丹波篠山」のパネルディスカッションのファシリテーターを務めました。

当日は、丹波篠山での取り組みの紹介を受けて、どのように農村が活性化していくべきかを議論しました。

また翌日は、エクスカーションを行い、その様子を動画にしました。

 

 

■プログラム

テーマ:日本遺産のまち・創造農村の役割とは

14:00~14:15 開会挨拶(丹波篠山市、文化庁)

14:15~14:35 特別講演「これからの創造農村とは」

 /佐々木雅幸氏(文化庁文化創造アナリスト 学校法人稲置学園理事)

14:35~15:20 基調講演「日本遺産に認定された丹波篠山市の事例を基に」

 /丁野朗氏(公益社団法人 日本観光振興協会総合研究所 顧問)

15:30~16:45 パネルディスカッション

<モデレータ>

 小山龍介氏(元日本遺産プロデューサー、株式会社ブルームコンセプト代表取締役)

<パネリスト>

 井本季伸氏(MASSE丹波篠山 事務局長)

 加古勝己氏(クラフトヴィレッジ製作委員会 代表)

 市野達也氏(丹波立杭陶磁器協同組合 理事長)

 丁野朗氏(公益社団法人 日本観光振興協会総合研究所 顧問)

16:45~17:00 総括

 /佐々木雅幸氏(文化庁文化創造アナリスト・学校法人稲置学園理事)

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK